カサンドラな私の熟年離婚

ここからの人生を穏やかにシンプルに過ごすために

マイホームは担当者が大事と後悔する

前回に引き続きマイホームを建てるにあたって色々と後悔することになる出来事をご紹介します。

これから家を建てる方に何か参考になるといいなと思います。

前回の記事はこちら⇓

hoshico2525.com

 

担当者は大事

 

前回の記事にも書いたように、我が家は実家の建て替えと同じ住宅メーカーで家を建てました。

その方がなにかと有利に思えたからです。

でも前記事に書いたように大半は営業マンで我が家の担当者となるSさんの口からでまかせだったのですが。

 

とはいえ、実家の建て替えをした時は当時の担当者が本当によくしてくれて満足の家づくりになったし、建てた後も近くに来たからと様子を見に来てくれて何かあったりこちらがちょっとしたことを伝えればすぐに対処してくれたので、そのメーカー自体を信頼していました。

 

その後その時の担当者は退職してしまわれたのですが…。

 

それがあったからこのメーカーなら大丈夫と思ってしまったのですが、大事なのはメーカーより担当者かも知れません。

 

ウシ夫は家の事には興味がなく、すべて私に任せきりでした。

   



担当者に放っておかれる

 

我が家の担当者Sさんは、口が上手で見た目も向井理さん似のイケメンなので営業成績は良かったようです。

うちも決まるまでは本当にマメに連絡をくれたり色んな所に設備を見に連れて行ってくれたりしました。

 

でもある程度決まってからは次のターゲットに気持ちが行っているために、まだ我が家で決まっていないことが放置されました。

 

IHコンロ

 

例えばメーカーで通常採用されている設備の中でエアコンやIHコンロは1つか2つ前の型なので別のものにしたいと言ったところ、出来るという事だったので自分で調べたり量販店などに見に行って決めていたんだけれど、Sさんからはその後の連絡がなかなか来ません。

 

建築現場の工事担当者からどうなっているのかと聞かれて、私の方からSさんに連絡するとそこからの手配となり、IHコンロは第一希望のものは入居までに手配できないとのことで第二希望の物になってしまいました。

 

    



洗面台

 

また洗面台も蛇口の付く位置が水にぬれて汚れるのが嫌で壁から出ているものを探したいと言っていたのになかなか洗面台のモデルルームに連れて行ってくれずギリギリで焦りました。

 

分かりにくいですよね?

我が家がつけたのはこれです。(汚くてすみません)

 f:id:hoshico2525:20220513112919j:image

写真でも分かりにくいかも知れませんが蛇口やレバーが洗面ボウルの中?に付いているのでその周りに水が溜まらずとても良いです。

 

その他のもの

 

他にも入居まであと2週間とかになっているのに

  • 作り付けの食器棚を付けてくれると言ったのに手配されていない。
  • 希望のお風呂の外の坪庭含め、エクステリア(庭や門などの外観工事)が設計すら手付かず。
  • 二階のトイレにつける手洗いもありがちなのではなく少しおしゃれなのにしたいと言っていたのに、全然決まっていない。

などなど。

 

こちらは家を建てるのが初めてなので、そんな調子でよいのか分からないのです。

でも、遠慮せずにもっとどんどん聞けば良かったと思っています。

 

他にもあちこちに不備があったのですが、思ったより長くなりそうなので次回に続きます。

 

 

 

▼今ならお得!

 

▼独自ドメインなら