カサンドラな私の熟年離婚

ここからの人生を穏やかにシンプルに過ごすために

法律相談に行ってきました 熟年離婚

市役所の無料の法律相談に行って来ました。

 

時間は25分間。

 

家族構成今の状況聞きたい事をまとめてレポート用紙に書いて持っていきましたが、弁護士さんとの間にはビニールのシートが下までしっかり貼られていて渡せませんでした。

 

まぁ下は接着はされてないのでまくれば渡せましたがそこまで出来なかった💦

   

で、1番聞きたかった弁護士費用の事。

 

今の預貯金(退職金を含む)や保険、年金、家、車の価値などを合わせて婚姻期間の分を半分に分けると、数千万円になると思うけれどそれに対しての10~20パーセントが成功報酬になるのか?

 



答えは貰えなかったはずのものが弁護士に対応してもらったことにより得られた部分に対しての決められたパーセンテージが成功報酬になるとのこと。

 

だから単純に家をもらったから家の価値の何パーセントで数百万円とか言うわけではないらしい。

 

でも何パーセントなのかとかどこまでが弁護士による成果になるのかは決まりはなくその弁護士事務所で決めて良いらしいので、親身な弁護士さんと言うだけでなく、払える範囲でやって貰えそうかどうかもよく聞いてから決めなくちゃと思いました。

 

 

まぁ弁護士さん側からすればたくさん払ってくれるお客さんが良いでしょうから、最初から値ぶみ?されたら親身にはなってもらえないかも、と思うと難しいですね。      

   

聞きたいことがいっぱいあるけれど時間がないから優先順位を決めて聞くことを書いていたけれど、弁護士さんの方も時間がないから私にこれだけは伝えなくちゃという感じで急いで法テラスの説明とか婚姻費用というのがあるという説明をされました。

 

私はそれは知っているのでそこに時間を使ってほしくなかったんですけどね。

(婚姻費用とは別居していても収入の多い方が少ない方に必要な生活費を支払う事。これについては別記事を準備中)

 

でも取り合えず離婚問題は長引くことも多いので、今は取り急ぎ婚姻費用を貰う手続きをした方が良いというのは強く言われました。

 

さかのぼってもらうことが出来ないので。

 

 

そこでまた私が

「それは弁護士さんに頼まなくても申請できますよね?」

とネット情報から言ってしまったのですが、それに対してちょっと渋い顔をしながら

「自分でされる方もいらっしゃいますが、まあそこもコツというか、あるからねえ」

と言われました。

 

それで金額が変わる?

 

 

でもそのあと

「家庭裁判所に相談すれば色々教えてくれると思いますよ」

と教えてくださいました。

 

私的にはもうさっさと貰うもの貰って離婚したいんだけど。

 

だってあっちが離婚って言いだしたんだから。

 

 

☆ランキングに参加しています。

犬をポチっとしていただけると喜びます。