カサンドラな私の熟年離婚

ここからの人生を穏やかにシンプルに過ごすために

Nスぺ男性目線を変えてみた第2回も見て欲しい

先日もお伝えした男性目線を変えてみた第1回は医療の話でした。

www.nhk.jp

 

その記事はこちら⇓

hoshico2525.com

 

その続きで今度は社会の中の男性目線の話です。

こちらは配信期限 :5/7(日) 午後9:49 までです。

www.nhk.jp

 

こちらの番組も女性はもちろん男性にぜひ見ていただきたいです。

 

これまでの社会は組織の中核にいる意思決定を男性が占めてきました。

 

そして大切な事を夜の飲み会の方が本音で話せるなどとしてそこで決めたりなんてことがあたりまえだったと。

 

番組の中でOBN=オールドボーイズネットワークという言葉がでてきました。

これは単に高齢の男性というのではなく、正確には家にいてその生活を支えてくれる妻がいる男性という事だそう。

家庭責任から自由になれて初めて夜の飲み会や会合に行ける。

 

そういう仕組みが働く場に出来上がっていること、これが今問題になっているんです。

 

これまでの社会は男性が働きやすい環境でした。

ゲタを履いてきたんです。

 

仕事にすべてをささげる男性社会に女性を入れるのではなく、男性が変わる。

 

女性も活躍できる社会を作っていく。

 

そのことに大きなメリットがあることも分かって、世界は変わりつつあるんですね。

 

私は上手く文章にして伝えられませんので、本当にぜひご覧になってください。

 

5月7日の日曜日までNHK+の見逃し配信で観れます。

 

 

わが家もウシ夫は本当にこのOBNだったわけです。

 

働くことに何の支障もなかった。

好きに飲みに行け、ゴルフに行けた。

 

興味のない子どもの行事にもわざわざ出張や接待ゴルフを入れ行かなくて済むようにした。

 

そうやって妻が家庭を支えることで自由に生きてきたのに、私がこれまで働いてこなかったことは自業自得とばかりに、必要なくなればサッサと捨ててお金もよこさずにまた新たな自由を手に入れて楽しんでいる。

 

こちらは社会のゲタも何もなく高齢になり、まだまだ支えなければいけない家族を抱えてこの先の人生を生きて行かなければならない。

 

自分があたりまえだと思っていることを一度見直してもらいたいものですが、そんな自分に都合の悪いことに目を向けることはないでしょうね。

 

せめてこれから生きていく若い人たちは、新しい目線の世界でみんなが幸福になれるような社会で生きて行って欲しいです。