カサンドラな私の熟年離婚

ここからの人生を穏やかにシンプルに過ごすために

何に投資するか

最近お金のことを少しずつ学んでいます。

 

なぜもっと若いころからお金のことを学んでおかなかったのだろうと後悔しています。

ホント、中学や高校でお金の使い方、運用の仕方などを学ぶことが大切だと思います。

ようやくそういう事も教わるようになってきたようですね。

他にも政治のこととかね。

もっと自分の身近な事として。

 

ちょっと話が逸れましたが、そう、お金。

 

今は昔と違って銀行にじっとお金を預けていても増えることは殆どありません。

 

それどころか何年も寝かせて(貯金しておいて)数十年経ったとしたらお金の価値が下がることが予想されるので、実質減るという事なんだなということが分かりました。

 

私は少しでも損をしたくないので、リスクのある投資などはしない、そのまま貯金して減らないようにしようと思って生きてきました。

でもそれではダメなのだと気付きました。

 

なのでこれから今あるお金をどう増やしていくのかを、自分の分はもう手遅れ感があるけど娘のためにもっと勉強して投資など始めてみようと思っています。

 

 

ところで、投資はお金だけではありません。

いや、お金か。(^^;)

 

何が言いたいかというと、自分の未来に投資する、ということ。

 

私はこのたび詳細は控えますが、あることを学ぶための講座?受講料として60万円ほどを払いました。

 

これは私のパート代の約1年分です。

 

そりゃあもう清水の舞台からバンジーしましたよ。

 

でも今のままでは年収60万円のままです。

それすらいつまで得られるか分からない。

 

自分に投資してこの60万円を超えてもっと多くの収入を得るために。

 

とはいえ確実な物なんて何もありません。

でも、自分の未来は自分で開くしかないと思って決めました。

 

これもウシ夫(別居中のモラ夫)のお金なら払えなかったかも。

 

自分のパート代の1年分だと思うから思いきることが出来ました。

 

経済的自立は大事ですね。

モラ夫に支配されてきた25年。

自分の楽しみや使いたいことには全くお金は使えませんでした。

 

これからは自分の力で生きていくために頑張ろうと思います。

 

年齢的にはかなり厳しいことは覚悟の上です。

でも4月からの1年間しっかり学んで生まれ変わろうと思います。

 

忙しくなると思うので、このブログも益々簡素化することになるかも知れませんが、出来る範囲で書き続けたいと思っていますので、これからもよろしくお願いいたします。