カサンドラな私の熟年離婚

ここからの人生を穏やかにシンプルに過ごすために

本サイトには商品プロモーションが含まれている場合があります

確定申告に行ってきました が失敗に気付きました(>_<)

今日は先日LINEで予約しておいた確定申告に行って来ました。

 

娘の国民年金の年払いの控除証明が見つからず再発行してもらったので今日になったのですが、会場で申告書を作成している途中でそれはすでにウシ夫(別居中のモラ夫)が年末調整していることが分かりました。

 

チラッと思わないでもなかったんですよね。

そんな大事なもの紛失してるハズない。

でも年金事務所に問い合わせたら娘宛に送っているとのことなのでウシ夫が勝手に持っていくわけはないし…と思って。

 

その頃のメールのやり取りをさかのぼってもそのことでやり取りしていることはないので考えにくいと思っていました。

 

きっと私が生命保険料控除の書類などと一緒にウシ夫に渡していたのでしょう。

全く記憶にありませんでしたが控除の書類だからと機械的に。

 

自分の記憶力が恐ろしい。

   

そしてまあその頃は確定申告したらお金がどう動くかまで予想できていなかったというのもあるけど、ウシ夫が年末調整で戻ったお金はウシ夫の手持ちの口座に入るわけで、今回の確定申告のお金は私の手元の口座の方でという事になります。

 

確定申告では収める方になることもありますが、今年は医療費がたくさんかかっていることもあり戻りがありました。

とはいえウシ夫がケガでたくさん保険金を受け取っているのでかなり相殺されてしまっていて戻るのは雀の涙。

 

最初間違えて娘の年金の分まで控除の計算に入れてた金額に比べて2万円ほど少なくなりました。

戻るのは端数程度。

失敗しました。(>_<)

 

その2万円はウシ夫の方に入ったのかぁ、と思うと「私のバカバカ」と思いながら帰ってきました。

 

そして義母からの生前贈与の分の贈与税はこちらのお金から振り込まなくてはなりません。

振込用紙は郵便物と一緒に置いておこうかしらと思ったけれど3/15までに納めないといけないのでそれまでに来るかどうかわからないし、そんなことしたらキレそうだしね。

 

こんなことで心証悪くして財産分与で不利になったりしたくないから納めといてやるか。

 

でももう普通預金が底をついている中、6桁に近い金額を払うのきついわぁ。

 

娘も同じ額貰っているのでウシ夫と同じ額の税金を支払わないといけないしね。

   

娘にももらえていることはありがたいことだけど、とはいえそれ生活費に充てるとしたら(充てないけど)数か月で無くなる金額。

 

大金渡してやってるだろと大きな顔をされたくないです。

 

娘の将来のために、出来れば増やしておいてやりたい。