カサンドラな私の熟年離婚

ここからの人生を穏やかにシンプルに過ごすために

しまった! モラ夫宛の郵便物に混ざっていた

今日はウシ夫(別居中のモラ夫)が郵便物を取りに来ました。

 

郵便物と一緒にふるさと納税の返礼品だか株主優待品だか知らないけれど宅配便で届いていた段ボール箱に入った食品も置いていましたが、前回同様自分の物という感じで全部持ち帰りました。

 

お金もよこさず届いた食品も自分で持ち帰るってどういう考えでそうしているのでしょう?

娘もいるのに。

 

犬はウシ夫とは気づかず玄関が開いて荷物を運んでいる音に「ギャンギャン」吠えていました。

   

ウシ夫宛に届く郵便物の大半は株関連のもの。

今回も30~40通届いたものを食品の箱と一緒に玄関に置いていました。

 

そしたら一旦車に戻ったと思われるウシ夫が戻ってきて玄関を開けすぐにまた車に戻り帰っていきました。

 

ウシ夫の帰った後に玄関に見に行くと、株関連の郵便物が2通。

 

よく見たらあて名は娘の名前でした。

   

そう言えば娘がLINEかなんかで株をやってみると言っていました。

おこづかいでなのでたぶん数千円程度の物?

 

でもきっとウシ夫は私が娘のお金を運用していると勘違いしたのではないでしょうか?

 

離婚を言い渡されたきっかけが、車の件でのメールと義母から娘への生前贈与でもらったお金を運用するのかどうか聞かれたことでしたので、私がわからないとかいいながら勝手に運用してるじゃないかとまた怒っているかも知れません。

 

失敗したな。

娘宛のが混じっているって気が付かなかった。(>_<)

 

離婚に不利になったりしないといいけど。

 

 

【追記】

この後ウシ夫からメールが来ました。

「メイは株をやってるのか?」

 

「そうみたい。でもお小遣いのはんいでやってるから高額じゃないはずよ。」

 

それで安心したようでした。

せっかく祖母からもらったお金を損したら困ると思ったのでしょうね。

 

何事もなくて良かった。多分…。